安芸郡熊野町のケアネット株式会社

HOME
>
スタッフ紹介

スタッフ紹介

 

仕事のやりがいについて教えてください

   

介護職は職を失った時の最終手段として考えている方も多いと思いますが、正にその通りだと考えて構いません。

介護士として働く事はとても簡単で、ほとんどの施設では慢性的な人手不足で年中求人募集を行っています。特に応募資格もありませんし、対象年齢も40歳でも大歓迎という場合がほとんどです。

ある程度のコミニュケーションを取ることが出来て、健康状態に問題なければかなりの確率で採用されるでしょう。体力に自信のある男性なら更に優遇されます。

私の職場で最近働き始めた方は、なんと60歳でした。見た目は若い方ではあるのですが、本当に介護職は人手不足なんだと改めて感じました。

資格がない状態で正社員を目指す場合だと初め大変かと思いますが、働きながら資格取得を目指せば、一般的なサラリーマンと比べても十分な給料が見込めます。

介護士を3年間務めると取得可能な国家資格「介護福祉士」を取得すれば、施設の介護士をまとめる介護リーダーとして、さらに給料アップが見込めるでしょう。

また、介護職には夜勤もあり夜勤手当も出ます。勤務先の施設にもよりますが、夜勤の場合は暇だという意見もよく聞きます。入居者のほとんどが眠っていますからね。ですが、施設によっては徘徊する入居者もおり、日中よりもスタッフの人数が少ない夜勤の方が大変というケースももちろんあります。

正社員以外にも、私のように介護士の派遣社員として働く方法もあります。基本的には時給制なのですが、資格を持っていれば派遣社員でもサラリーマンに引けを取らないほどの十分な給料がもらえます。

また、派遣社員なら、出社・退社も定時通りなのでプライベートの時間を確保できます。派遣先の施設にもよりますが、休暇申請も自由に行えるので旅行などにも頻繁に行くことが出来ます。

派遣社員にはボーナスこそはありませんが、派遣社員ならではの高い残業代がとても大きな賞与となっています。ちなみに私は、ホームヘルパー2級(現在は介護職員初任者研修)の資格を持っているのと、訪問介護の経験があるので、それを加味されて残業代は30分で1000円と超破格です。